課題達成型のQCストーリーとは?事例なども含めて考える ~QC検定攻略~

2019年11月7日木曜日

QC検定 ビジネス 資格

t f B! P L


QCストーリーはQCサークルで問題解決するときのやり方を表したものであり、そのストーリーには問題解決型と課題達成型の二つに分かれます。


課題達成型QCストーリーは改善活動における必須ツールとして知られておりますが、意外と内容があやふやな方が多いかと思います。


そこで本日は課題達成型QCストーリーについてまとめてみました。


前回の記事では「問題解決型QCストーリー」についてまとめています。興味ある方は↓↓↓

問題解決型QCストーリーとは?手順や事例などについて考える。~QC検定攻略~

継続的改善をしていくうえで「問題」を見つけて解決し「課題」を達成していくというルーチンはとても重要になります。 品質管理において、業務上の問題を解決するための手順を「QCストーリー」といいます。 今回の記事は2種類のQCストーリーのうち問題解決型についてまとめてみました。 前回の記事では「継続的改善・PDCA・SDCA」についてまとめています。興味ある方は是非↓↓↓ ...

QCストーリーとは




QCストーリーとは QCサークルで問題解決する際の基準となる進め方


上記のように一般的には知られており、この基準を進行していくにあたり注意することがQCストーリーは「PDCAの流れに沿って行う」という事です。


そしてこの流れを途中で止めず確実に最後まで繋げていき現場への定着を図ることが最大の目的となります。


課題達成型QCストーリーとは




課題達成型QCストーリーとは現状をより高いレベルに更新していくための達成すべき課題が与えられた時、これを達成する事を目的とする改善活動で用いられる基準となる進め方です。


課題達成型のポイントとしては以下になります。

課題達成型のポイント 最終的な目的・目標を明確にして、今ある姿とのギャップを明確にする事


つまりゴールをしっかり決めて、そのゴールにたどり着くには何が足りないかを明確にするという事です。


そしてギャップが明確になった後は重点的に取り組む「攻めどころ」を決めていきストーリーを進めるうえでこの攻めどころは常に意識していくポイントとなります。


QCストーリーの手順




課題達成型QCストーリーには8つの順序があり、1~8までやり遂げてようやくストーリーを終えたことになります。


これらのストーリーはPDCAサイクルとも深く関係してきます。



画像を見た頂ければお分かりかと思いますが「Plan」に重きを置かれており、次に「Action」が大きく示されています。


「Plan」が重要視されていることから最初の「攻めどころをいかに明確にするか」が大切なのを暗に示してることが分かります。


また「Action」が大きい理由としては、そもそもPDCAサイクルは継続的改善を最大の目的としています。


なのでPDCAを行うことが課題達成型QCストーリーの目的ではなく、PDCAを回すことが本質となります。


次行う改善の熟考をするために「Action」が重要視されています。



テーマの選定


現在存在する数多くの問題から何を選択すればいい結果に繋がるか、日々の仕事と向き合いながら考えていき、最も求められている問題を見つけ出し、その問題を課題解決型QCストーリーの「テーマ」として選定します。


テーマは出来るだけ分かりやすく端的にまとめるべきですが、「売り上げをあげる」のような漠然としたものではなく、「売り上げを○○日までに○%あげる」のようなある程度具体的にまとめることが重要となります。



攻め所の設定と目標の設定


目標と攻めどころを決定するにあたり注意する点としては「現実的に達成できそうなゴールを設定する」事です。


極端な話「来週までに異常品を〇〇%減らす」という目標を立ててしまうとまず達成は出来ません。


大切なのは最後までやり遂げることが出来る目標を設定する事です。


それを可能にするのは、今置かれている現状と求められている要求を比較しギャップを把握し、適切な攻め所を把握する事です。


例えばパレート図である結果が出ているとします。



この項目「あ、い、う、え、お」でどれを改善するかと問われたら、もちろん「あ」を選択しますよね。


つまり攻め所は重点指向で絞り込んでいくのがポイントとなります。


今出した例えはすでに結果が出ているので簡単に決定できましたが、構成要素自体が漠然としている時はどうするべきなのでしょうか。


その時はQC7つ道具の一つである「特性要因図」を用いて絞り込みを行いましょう。





決定したテーマについてなぜこの結果になったのかという原因・要因の解析を行います。


この時要因は4Mを用いて行い、その要因をさらに細分化していき特性に導きます。


・人 :Men
・材料:Material
・機械:Machine
・方法:Method


特性要因図を用いて解析を行う場合はブレーンストーミング法を用いて要因項目を集めていきましょう。


ブレーンストーミング法 ①他人の発言を否定しない
②質より量を大切に
③判断・結論は控える
④アイディアを組み合わせ発展させる 

QC検定3級(品質管理検定)攻略。QC7つ道具「特性要因図」を5分解説

こんにちは!インコです。 前回の記事ではQC7つの道具の一つであるパレート図についての攻略をご紹介いたしました。 パレート図は業務でも重宝するので是非理解しておきたいツールでしたね。 得点率も高いのでしっかり理解しましょう! パレート図に興味がある方は是非ご覧ください! こんにちは!インコです。 前回のブログでは、測定誤差や基本統計量について述べさせていただきました。 ...



活動計画の作成




テーマと目標を設定したら活動計画を作成しましょう。


ここでは「何を」「いつまでに」「どれくらい」成果を挙げるか明確にしておきましょう。


そうすることで自身のモチベーションにも繋がります。


活動計画作成には、QC7つ道具の一つである「ガントチャート」を用いる事で一目で結果を把握できるのでぜひ活用していきましょう。



方策の立案


ギャップを埋める方策を立案します。


何をどのようアプローチしていけばそのギャップが埋まるのかというのを突き詰めていきます。



成功シナリオの追究・実施


問題解決型QCストーリーではそもそも問題がありそれを解決していくという、ある程度敷かれたレールがありました。


しかし課題達成型には「課題→成功/失敗」という未知数な未来が待っています。


未来はどうなるか分かりませんが、失敗に陥る確率を下げることは今できるはずです。


出来るだけ成功する手立てを考えそれを実施していくのが重要となります。



効果の確認



シナリオの実施効果を確認します。


どれだけ達成・改善できたのかというのは出来るだけグラフや数値を用いてまとめます。



標準化と管理の定着



標準化を行う際は確実に日常管理に落とし込みましょう。


またこの内容というのを確実に関係者に認知・理解・教育を図り今後も継続して維持管理に繋げる事が最大の目的となります。


標準書を作成し、SDCAのサイクルとして回すことで確実に関連部署に管理の定着をしていきます。



反省と今後の計画


これまでの活動を振り帰り、さらに残された課題・今後の行動計画を立てていきます。


また維持管理は基本のPDCA・PDCASを意識して行うことで継続的な改善活動の成功に繋がります。





幅広し課題に対しての結果というのが100%であることは限りなく0に近いです。


必ず何かしら無駄・改善点があります。


それらを見つけて改善し、維持継続を行うことで良い職場環境を気づくことに繋がるでしょう。


まとめ


攻め所は慎重に選定

改善できたことは標準化して確実に落とし込む


いかがでしたか?
今回は課題達成型QCストーリーについてまとめてみました。


次回は品質管理と品質保証についてです。それでは!

品質管理と品質保証とは?2つの違いについて詳しく考察

皆さんは品質保証と品質管理の違いについて明確に答えることが出来ますか? 同じ品質でも「保証」と「管理」では大きく意味合いが異なります。 今回の記事はそれらの特徴から違いまで詳しくまとめてみました。 前回の記事では課題達成型QCストーリーについてまとめています。興味ある方は是非↓↓↓ ...


QC検定3級を楽して合格したい方にお勧めです!

QC検定3級【品質管理検定】を合格したい方必見!0から3ヶ月で9割獲得した勉強法のすべて

ものづくりに携わるうえでものづくりと品質管理という役割は切っても切れない関係なのはご存じでしょうか? 最近は品質の不正などの多発により「品質」への関心が集められています。 その関心と共に注目されている自己摘発が そこで今回の記事はQC検定3級をした自身の経験をもとに攻略法・勉強法をお伝えできればと思います。 Point.1 こんな人にお勧めです ・勉強時間が足りないから要領よく学びたい ...


ブログランキング参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


勉強法ランキング

FC2 Blog Ranking



QooQ